関節痛は、名前の通り、関節に痛みを感じる症状をいいますが、その症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が起きた箇所や原因などによって、いろんな種類に分けられています。 例えば、膝や肘、指などで起こりがちな慢性関節リウマチは、関節痛として特に有名でしょう。 それに、痛風(骨折よりも痛いといわれており、体温の低いところほど症状が出やすいでしょう)発作と呼ばれる激しい痛みが足の親指や膝、足の指の付け根などに生じることもある痛風も関節痛(痛みが軽いうちに、その痛みの原因を検査し、適切な治療を始めることで、痛みを軽減できたり、完治できる可能性があります)の一種です。 また、ハイヒールを履く女性に多い外反母趾や手を酷使する方が発症しやすい腱鞘炎も関節痛に分類されます。 それから、四十肩や五十肩という別名を持つ肩関節周囲炎も関節痛ですし、野球肩、テニス肘、ランナー膝なんかも関節痛(読んで字の如く、関節に痛みを感じることです。関節が痛いのは同じでも、その原因には様々なものがあるでしょう)です。 捻挫や脱臼なども関節痛(原因として代表的なのが、通風や関節リウマチ、変形性関節症などです)に含まれますから、関節痛の種類(時には新しく発見されることもあるようです)はとてもたくさんあります。 病気や外傷の影響、老化、関節の使いすぎ、薬の副作用など、様々な場合が原因になって関節痛が起こりますが、いずれにしても、早めに原因を特定し治療を開始することが大事です。 関節痛を放置すると、症状(なかなかつらさを他の人にわかってもらうのは難しいものです)が進行して日々の生活に支障をきたすこともありますので、面倒がらずにきちんと病院で診察を受けてくださいー